日本人会との連携

学校は日本人会会員のために

今後もサンホセ日本人学校は、在籍する子どもたちのためにあるのはもちろんのこと、加えて、コスタリカ日本人会会員のためにも広く役立たなければなりません。   コスタリカに住む邦人の方々にとって、学校が無くてはならない存在となるよう、努力して参ります。

学校では、様々な催しものを用意して、会員の皆様にお越しいただけるよう、企画しています。

日本人会主催「餅つき会」 4月16日(土)

日本人会主催の餅つき会を開催しました。大変多くの方々にご参加いただき大盛況となりました。

 

 

 

 

 

 

日本人会主催「魚の会」 9月27日(日)

日本人会の主催で、学校を会場にして「魚を食べる会」を開催しました。

  • 当日は、マグロやタイのお刺身や、つみれ汁も大好評でした。
  • 懐かしい人と顔を合わせて「お久しぶり!」と楽しい会話を楽しんでおられました。
  • 当日は、100名を超える方々にお越しいただきました。

学校フリーマーケット 6月28日(日)

 本校の体育館で、日本語教師会主催の南中ソーラン練習会を開催しました。それに合わせて、日本人会の方々がフリーマーケットを企画してくださり多くの方々に足を運んでいただきました。

 

 

 

 

 

 

学校を日本人会の行事として使用する場合のルール

 学校使用のルールについて、運営員会、日本人会とも協議して、以下のように定めました。

会場使用に当たってのルール
1 子どもたちの教育活動に支障がないこと
・学校行事がある場合は、学校行事を優先する
・原則2か月前に、日本人会会長と校長の許可を得て、その後運営委員会、日本人会理事会の承認を得る。
2 現状復帰が大原則である
・ごみは全て持ち帰る。掃除をする。物品を片付けて元の位置に戻す等
3 施設設備を壊されたり、盗まれたりしない
 ・万一、破損や紛失があった場合は、借主の責任において弁償する。
4 弁償対象外の損壊・紛失
・最大限の配慮をしてもなお、子どもの作品を損壊されるなど(金品で補いえない場合)は、借主側が誠意を持って対応する
5 校舎内の使用範囲と条件
・教室内は原則進入禁止とする(日本人会事務室は除く)
・家庭科室等の特別教室の使用は、日本人会主催の行事のみ可とする
・生徒用のトイレ、外トイレは使用可とする(教師用トイレは使用不可)
・パティオや中学部前の廊下での飲食は可とするが、小学部前の廊下(絨毯の貼ってある場所)の飲食は禁止とする
・講堂の使用について、会員向けのイベントの場合は可とする。
6 体育館の使用範囲と条件
・使用可であるが、土足禁止、飲食禁止とする(例外は認めない)
7 グランドの使用範囲と条件
・グランドの芝生の上は、車の進入を禁止する
 ・グランドを使用にあたっては、サプリッサの会場使用条件と同様とする
8 駐車場の使用範囲と条件
・正門前に10台、グランド奥に約15台程度利用可能である。
・借主の責任で開閉をする。鍵はグアルダが管理する
9 鍵の管理とアラームのセット(教師がいない場合の対応)
 □体育館を使用する場合
・体育館入口の合鍵を作り、事前に責任者に渡しておく
・体育館入口付近のセンサーを部分解除しておく。この場合、会場使用後の夜間はセンサーが解除されたままとなる(今後の課題)
・会場使用中に解除していない場所のセンサーが作動した場合、45秒後に警報音は止まるので、そのままにしておいておく。
 □校舎内を使用する場合
 ・体育館と校舎の間の鉄作の合鍵を作り事前に渡しておく
・センサーを解除しておく。この場合、会場使用後の夜間はセンサーが解除されたままとなる(今後の課題)
10 備品の貸し出し
・椅子、長テーブル、延長コード、プロジェクター、スクリーンなど貸し出しでき
 る物品は事前に申請してもらい、支障のない範囲で貸し出す。
・日本人会事務室に必要備品を置いておき、元どおりに返却してもらう。
・日本人会事務室は合鍵を作っておく
11 飲酒と喫煙について
 ・喫煙はコスタリカの法律にのっとり、校地内での喫煙は全面禁止とする
 ・飲酒は、申請の段階で申し出て、運営委員会の許可があれば可とする。
  その場合、会場責任者は飲酒運転をさせないように配慮する
 (飲酒を許可しない例)
もちつき大会(昼間の行事である、子どもが多く参加している)
フリーマーケット(昼間の行事である、趣旨として飲酒の必要がない)
(飲酒を許可する例)
運動会(例年の慣例として認めている)
日本人会主催のバーベキュー(親睦を図る要素が強い)
12 借用の時間帯
・準備や片付けの時間も含めて、午前8時~午後8時までとする。
・特別の事情がある場合は、運営委員会の許可を得て延長する。

※会場借用にあたり日本人会会長と校長の許可が必要です。

今後の課題
○ 会場使用申請書(様式)を作成する
 申請書欄に、学校備品の貸出欄をつくり(返却☑欄を設け)
 貸出備品に紛失と損壊がないが確認できるようにする